ごめんなさい!キラ!
少し寒くなったかと思う10月中旬から、
それでなくとも食の細いキラがあまり食べなくなってきました。
以前は何か一つは必ず食べるものがあったのに、
それがなくなったことによって、
何を食べさせてよいか迷う毎日でした。
食べる日と食べない日が出るようになり、
体重も減ってきたので病院に予約を取りました。

待ってる間にも食べない日が多くなり、
全く食べなかった翌日に先生に診ていただきました。
ケージ内の温度を尋ねられて、夜と昼の温度を答えましたら、
一言低すぎると言われました。
小さなカメは同じ温度(28度)にしておいたほうが良いと…
光の出ない夜用の保温球(セラミックヒーター)もワット数を100にするように…
寒いところに居た時間が長いのでとレントゲンを撮ってくださって、
肺炎の心配はないので、ケージ内を温かくして様子をみましょうと言うことで帰ってきました。
保温球と念のためリクガメフードを注文し、待つ間は今までの保温球の向きを変えて、
キラの寝るところを中心に温める形にして様子をみました。
病院に行った日も含めて連続四日間まるっきり食べない日が続いていました。
届いた保温球も変えましたが変化はなし。
リクガメフードも無視されました。
スポットの下に連れ出しても少しして自分でシェルターに戻って寝てしまう毎日でした。

五日目にとてもよいお天気になって太陽がいっぱいだったので、
外には出さないようにといわれてましたが、縁側に出してみました。
置いといた春菊に向かって食べに行きました。
ドキドキしてみてたら、4回ぐらい口を動かして止めていました。
その後、ケージに入れたときにバナナを指先に乗せて二口食べました。
こんな状態でどのくらい様子を見ればよいなかなという思いと、
栄養剤を注射(?)とかしてもらえるのかと思いつつ、
もう一度お尋ねしようと病院に電話をしたらお休みでした。

考えてるうちに先生にもカメ友さんにもヒーターの事聞かれたのを思い出しました。
いつも暖かい部屋の床材を通して確認していたので温かくなってると思っていました。
今回床材を払って手で触ったら冷たくなっていました(泣)。
なんということを…とりあえず大きめのホカロンがあったので、
布にくるんでシェルターの下に敷いて、キラを入れてあげました。

間もなくしてキラがシェルターから出てきました。
自分で出てくるのは久しぶりです。
側にあったみかんをとっさにむいて口元に持っていったら、
食べ始めました。間に合わなくて私の指までかんできました。
用意してあったりんごも食べました。
其々は本当に少なくてもとても嬉しいことでした。
その翌日の昨日はみかん(袋を向いて半分)とトウモロコシの皮をむいた5粒を、
そして今日は本当に久しぶりに野草のクローバーとツルマンネングサを食べました。
やっと一息つけました。

皆さんが底面ヒーターの設置を口をすっぱくしてまで
言ってくださる意味が痛いほど理解できました。
ライトで温めても上だけで、お腹を温めないと腸が働かないんですね。
もう少しでキラを★にしてしまうところでした。
本当にごめんなさい。


※11月9日ミクシィ日記と重複しています。
 カメ飼育の失敗談です。
 同じ失敗をしないで欲しいのでアップさせていただきました。
[PR]
by kametoaruku | 2008-11-10 17:38 | 日常
<< 三回目の病院 三匹のカメ >>